UQ mobileのSIMをiPhone6sに付け替えてみた

1/5にネットから申し込んだUQ mobileのSIMが1/7に到着したので、早速SIMロック解除したドコモのiPhone6sに付け替えてみました。

開封

届いた封筒をあけると、納品書とSIMカードのほかに、設定に必要な説明書が入っていました。説明書にはAPNの設定に加え、MNP痔の手順が書いてあります。

SIMカード本体はこちら。

マルチSIMを注文すると、auではなくUQ専用のSIMカードが来るようです。SIMカードのサイズは使用するスマホに合わせ、自分で切り取って調整ことができます。iPhone6sはnanoSIMなので一番小さい部分のみくりぬきます。

SIM挿入

いったんiPhone6sの電源を落とし、SIMカードを交換します。(交換の仕方はGoogle先生に聞いてみてください)

交換後、iPhone6sの電源をONにすると、既にアンテナピクトが立っていて、アンテナピクト横のDocomoかUQ mobileに変わっています。

Safariでネットに接続すると普通にブラウジングが可能でした。設定なしのSIM入れ替えだけで通信ができるようになりました!!

スピードテスト

早速Speedtestで通信速度を計ったところ、土曜の18:45に自宅からの計測で、下りで17Mbps、上りで13Mbps出ました。

これだけの速度が出ればyoutubeを見るのにも十分ですが、混雑していない場所/時間帯で計測したので、他のMVNOでは極端に速度が落ちる平日の昼については別途レポートしたいと思います。

UQ mobileではフルスピードで通信するほかに、速度を低速に抑えるかわりにデータ使用量を消費しないモードにWebもしくはアプリで切り替えることができます。事前準備としてアプリからIDを登録する必要がありますが、その際にUQ mobileからメールで通知されている受付番号が必要になります。

低速モードでSpeedtestをした結果、上り下りとも200kbps程度でした。youtubeは無理でしたが、Google Musicの音楽ファイルのストリーミングがギリギリできる感じでした。こちらも詳細は別の機会にレポートしたいと思います。

テザリング

通信ができたら次はテザリングです。こちらも事前の情報ではテザリング可能と言われていましたが、実際にやってみたところテザリングも労せず普通にできてしまいました。

まとめ
  • SIMロック解除しているiPhone6sなら、UQ mobileのマルチSIMは設定なしに入れ替えるだけで使えるので、お手軽に導入できる
  • 品質低下が著しいMVNOもある中、今のところ通信速度も問題なし
  • MVNOでは鬼門のテザリングも可能

申し込みはこちら のパッケージを買うと安いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です