Intel SSD 760p M.2を導入してみた

自分向けにクリスマスプレゼントをと思い、前から気になっていたM.2接続のNVMeなSSDを購入しました。本当はSamsungのほうがよかったけど、こちらのほうが全然安かったので。。

何気に娘のプレゼントのほうが高かったり。。

感想。すごく小さい。

M.2スロットを使用するのが初めてで、しばらく「ネジが無い!」と騒いでいましたが、マザーボードに刺さってあったマウンターっぽいネジを取り、SSDを刺した後、上からネジで固定しました。

ネジ付近にあるコンデンサが地味に邪魔でした。ついでに、SATA接続のSSDとSATAケーブル、電源ユニットとのコードも外し、ケース内はかなりスッキリ。

取り付け後、PCに電源を入れ、特に問題なくUEFAsで認識されました。早速Windows10をクリーンインストールしOSを起動したら、今までも十分に早かったのですが、UEFI画面が過ぎたあとログイン画面が表示されるまでの時間が体感できるほど早くなりました。さらにWindowsアップデートをかけてみたところ、これがまたすごく早い。言葉にしにくいのですが、今まではアップデート一つに対し進捗の%が少しずつあがっていくのを待つ、といった感じだったのが、アップデートが完了して他のアップデートに移ったと思ったら、すぐさまそれも完了して他のアップデートに移る、といったような爆速ぶりです。

CrystalDiskMarkでベンチマークを取ったところ、SATA接続のSSDでは実現できない高速っぷりでした。

「iPhone高くて買えない。。。」と思っていましたが、そのおかげ?で久々に良い買い物ができました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です