Aterm MR04LNを入手しVPNでのファイル転送速度を計ってみた

数年前、BF-01B というモバイルルーターを持って便利に使っていましたが、スマホでテザリングができるようになってからはすっかり使う機会がなくなっていました。

そんな中、MVNOのSIMが気軽に入手できる環境が整い、手元に余っているSIMを使ってみたいと思っていたところ、アマゾンで評判の高いモバイルWiFiルーターがタイムセールで格安で売っていたので、入手してファイル転送速度を計ってみました。

購入したこちら のモバイルルーターは2015年6月の発売で、昨年後継機種(Aterm MR05LN )も発売されていますが、現行モデルと比べても遜色なく、またMR04LNのほうがよいと思うところもあり、まずは新旧モデルのスペックを比較をしてみます。(今回購入したMR04LN寄りの内容になっているところもあります)

  • 共通点
    1. SIMフリー
      どちらともSIMフリーで、au回線のMVNOのSIMも使用可能。
    2. Dual SIM対応
      二枚のSIMを差せます。同時使用は1枚のみ。
    3. 液晶の設定画面
  • 相違点
    1. 通信速度(CA)
      通信速度は三つのBandを束ねることができるMR05LNのほうが速いですが、三つのBandが揃っている場所はおそらく限定されているのと、使用しているSIMの通信業者の回線の混雑状況によるところが大きいため、それほど神経質にならなくてもよい要素だと考えます。
    2. SIMカードの大きさ
      MR04LNはMicro SIM、MR05LNはNano SIMとなっています。モバイル機器は小は大を兼ねるため、MR04LNのほうがむしろ良いのでは、と思います
    3. 頑丈さ
      実際に手にとって比べたわけではないのですが、MR05LNのレビューを見ると本体が割れやすく注意を要する、といった書き込みが驚くほどあります。MR04LNもどちらかというとプラスチッキーで頑丈という感じはしませんが、それ以上にMR05LNは壊れやすいとのことです。

 

今回は、ほとんど使用していないdtabからMicro SIMを抜いて、モバイルルーター軽油でVPNでファイル転送速度を計測してみました。

モバイルルーターのWiFiでPCからSpeedtestをした結果がこちら。

さすがDocomo本家の回線で、モバイル回線としてはPING値は良いほうですが、ひかり回線(6ms)と比較すると少々高めです。この回線でSoftEtherでVPN接続し、ファイルをダウンロードした結果がこちら。

Speedtestの下りの速度と同じかそれ以上のスピードが出ています(汗)。大量のファイルがあるフォルダを開くと多少タイムラグがあるように感じますが、それでも問題なくエクスプローラーでファイル一覧が見れます。

PING値が大きくなるとVPNやWindowsでのファイル転送速度が落ちるはずですが、SoftEtherの設計がよいのか、この程度のPING値であればほとんど影響がないことがわかりました。大量のファイルをやり取りしないのであれば、自宅の固定回線はもういらないのかもしれません。。。

DoCoMoを使用している人なら、カケホーダイ+ウルトラデータLパック+2台目プラスで、データSIMをモバイルルーターに差し、固定回線を解約して通信費を節約するのも全然ありだと思います。

今回購入したのはこちら。(OCNのSIMは契約しなくてもOK)

現行型はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です